基地はいらない、どこにも


DVD/VHSで発売中の    米軍再編ドキュメンタリー  『基地はいらない、どこにも』  演出:小林アツシのblogです
by kichidoko
最新の記事
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

なぜ辺野古に基地を造ってはいけないのか

本日、夜10時から11時半までNHK総合テレビで生放送される『日本の、これから』という討論番組に出演します。「出演」と言っても「一般市民」約20名の中の一人ですから喋る時間が与えられるのかどうかもわかりませんが。

このブログは、私にとっての前作『基地はいらない、どこにも』を創ったころに始めたものです。その頃に比べると最新作の『どうするアンポ』は『基地はいらない、どこにも』よりも注目されているような気がします。

現在、普天間基地の「移設先」選びが迷走していると言われています。そもそも普天間基地を同じ沖縄の辺野古(へのこ)に移設しようとしたところに根本的な問題があります。
『基地はいらない、どこにも』では、辺野古での基地建設計画を止めるための取り組みを取材しています。この作品を観ていただければ、なぜ辺野古に基地を造ってはいけないのか、そしてなぜ10数年間も基地ができなかったのかがご理解いただけると思います。

最新作『どうするアンポ』と合わせて、ぜひ、ご覧ください。

f0127020_12535851.jpg

『基地はいらない、どこにも』
http://www.ndn-news.co.jp/shop/pickup/kichidoko.html

f0127020_12574823.jpg

『どうするアンポ』
http://anpo50.seesaa.net/

なお、『どうするアンポ』と同様、『基地はいらない、どこにも』も、DVDをご購入いただいた方は、営利を目的としていたり、100人以上の大規模な上映でなければ、どんどん上映していただいてけっこうです。

よろしければ、日時や会場などを教えていただければ、ブログ等に掲載させていただきます。

よろしくお願いいたします。
[PR]

# by kichidoko | 2010-03-12 13:00 | その他

『基地はいらない、どこにも』ぜひ、ご活用ください!

15日の上映&トーク&沖縄料理&泡盛は、お陰様で盛況でした。
いままでネットでのやりとりだけだった方にお会いできるなど、貴重な時間でした。

9月に民主党中心の政権ができて以来、沖縄 辺野古(へのこ)での基地建設計画(いわゆる「普天間移設」)の件が連日、テレビや新聞をにぎわせています。

f0127020_17758.jpg

『基地はいらない、どこにも』では、1995年から現在の日米合意案にいたる過程をわかりやすくまとめています。また、岩国、厚木、横須賀、座間、相模原などの事例や、米軍再編計画についても解説しています。

DVD、またはVHSは以下で購入することができます。
http://www.ndn-news.co.jp/shop/pickup/kichidoko.html

少人数でも上映会等を企画していただけると歓迎します。この機会に、ぜひご活用ください。
[PR]

# by kichidoko | 2009-11-18 17:07 | 作品について

11月15日(日) 東京国立で上映とトーク!

久しぶりに『基地はいらない、どこにも』の上映とトークを行ないます。

場所は東京国立の居酒屋「木乃久兵衛(キノ・キュッヘ)」、映画の上映やライブイベントなども行っている日本酒が中心の居酒屋です。

http://www1.pbc.ne.jp/users/kino9/

地図はこちらにあります。↓↓↓
http://www1.pbc.ne.jp/users/kino9/miseannai.html

11月は沖縄フェアをやっていて、その一環として15日(日)に4回上映します。16時の回終了後には私がうかがってトークを行ないます。
f0127020_1783449.jpg

『基地はいらない、どこにも』と一緒に、沖縄・高江(たかえ)で米軍ヘリパッド建設の問題を取材し続けている比嘉(マーティー)真人さんの作品も上映する予定です。

このところ沖縄・辺野古(へのこ)での基地建設の問題(いわゆる普天間移設)が連日、テレビや新聞などを賑わしていますが、最新の取材でのエピソードなども交えながら話をしたいと思っています。
基地問題にはそれほど関心が高くない人にも、あまり詳しくない人にも、面白く理解してもらえるように工夫します。

17時半からは「南の島のうたあしび」ライブもあるそうです(無料!)。
沖縄そばや、サーターアンダギーなどの沖縄料理、泡盛や泡盛ベースのカクテルなども楽しめます。

たぶん私も夜まで店にいて酔っぱらっているでしょう。
皆さん、ぜひ、お気軽にお越しください!

■日付
11月15日(日)

■上映時間
13時~
14時~
15時~
16時~
(16時~の上映後にトークあり。)

17時半~ 「南の島のうたあしび」のライブ

■料金
居酒屋なので、上映とライブについては無料!
居酒屋としてのご予算はおひとり¥2500~¥3000ぐらいだそうです。

■場所
居酒屋「木乃久兵衛(キノ・キュッヘ)」
東京都国立市西2-11-32
TEL042-577-5971
[PR]

# by kichidoko | 2009-11-02 17:10 | 上映会情報

【動画】追悼:小禄信子さん

沖縄 辺野古(へのこ)での米軍基地建設に反対して長年座り込みを続けてきた小禄信子さんが昨日8月18日に他界されました。90歳でした。
f0127020_16442516.jpg

きょう、小禄さんにインタビューさせていただいた時のお話しをもう一度聴こうと思い、二回分のインタビューをすべて聴き直しました。小禄さんは「記者さんやカメラマンの方に何度も何度も話をしたけれど、なかなかみんなに伝わっていない」とおっしゃっていました。
私は、「自分には小禄さんの想いをきちんと伝える責任と義務がある」とあらためて思いました。
DVD『基地はいらない、どこにも』には収録しきれなかった部分を含むロングバージョンのインタビューを編集し公開しました。
残された私たちへの小禄さんのメッセージを、ぜひお聞きください。
http://www.youtube.com/watch?v=JNr0392Tbmg

[PR]

# by kichidoko | 2009-08-19 16:47 | 【動画】追加予定!

4月25日 福岡、講演会と同時開催で上映

f0127020_1044143.jpg


講演会「オバマ政権と米軍再編 ―新政権誕生で在日米軍はどうなる?―」
【同時開催】ドキュメンタリー上映「基地はいらない、どこにも」

<日時> 2009年4月25日(土)14:00~16:30
      13:30  開場
      14:00~ ドキュメンタリー上映
      15:00~ 講演

<場所> ふくふくプラザ(福岡市市民福祉プラザ)5階視聴覚室
 http://www.fukufukuplaza.jp/info/access.html
 福岡市中央区荒戸3丁目3-39(九州女子高前)
  地下鉄 唐人町駅下車 4番出口から徒歩約7分
  西鉄バス 黒門バス停下車 徒歩約5分/九州女子高前バス停下車 すぐ
 ※お車の方は、会場の駐車場に限りがありますので、満車の際は
  近隣の有料駐車場を御利用下さい。

<講師> 石川捷治 さん
 久留米大学法学部教授
 専攻:政治史、地域研究、平和研究
 戦争末期の1944年、中国東北部大連市で生まれ、父(シベリア抑留)を失い、平和への思いは強い。国家とは何かを問いつつ、反ファシズム運動史を研究。長年九州大学法学部/大学院法学研究院にて教鞭を執り、「石川ゼミ」の存在は有名。2008年より現職。

<ドキュメンタリー> 「基地はいらない、どこにも」(2006年、45分)
 http://www.ndn-news.co.jp/untitled.htm
 企画・制作:野田耕造
 演出:小林アツシ
 製作:日本電波ニュース社
 予告編動画 http://www.youtube.com/watch?v=Be5_3py01VQ

参加費 500円/学生300円

主催: 沖縄とむすぶ市民行動・福岡
    〒813-0042 福岡市東区舞松原5-27-25
    おかもと小児科クリニック 気付
   TEL:090-1364-2261(木下)
   Email:okimusu@fukuoka.nifty.jp
   WEB:http://kshibata7.cocolog-nifty.com/okinawa/


 アメリカでは、戦争に明け暮れたブッシュ共和党政権に代わって、オバマ民主党政権が誕生しました。新政権の下、在日米軍基地はどのようになっていくのでしょうか。
 クリントン米国務長官と中曽根外相は、2006年に取り決めた米軍再編実施のためのロードマップを履行するグアム移転協定に合意しました。移転協定は、沖縄・米海兵隊の移転の実現は、日本政府によるグアムの施設整備・移転費用や辺野古新基地建設の完成にかかっていると明記しています。しかし沖縄の人々は新たな基地の押しつけ、負担増になると移転協定に反対しています。性暴力事件など米軍犯罪や基地被害を拡大する米軍再編に反対し、辺野古新基地建設を阻みつづけています。
 進行する米軍再編の現状と私たちの課題について、ドキュメンタリーと石川先生のお話を通じて、考えていきたいと思います。
[PR]

# by kichidoko | 2009-03-22 21:14 | 上映会情報

「麻生邸ツアー」と「海賊問題」

9日のイベントで「海賊問題」について話をしました。「海賊はグローバリズムの問題」というテーマで話しましたが、参加者の中には「グローバリズムではなく国際社会がソマリアをずっと無視してきたのが問題だ」という意見もでました。

たしかに「グローバリズム」という括りで捉えると最近の問題のような感じがしてしまいますね。1960年に「ソマリア」になる前からイギリス領とイタリア領だったそうですし、冷戦時代も米ソの代理戦争でエチオピアと戦ってきたそうです。

そういう意味では、正確に言うと「大国の都合で翻弄されたり無視されたりしてきた」というところでしょうか?
いずれにしても、日本のほとんどの人がソマリアに関心が無かったのは事実です。それなのに、きちんとした調査もしないで軍隊を派遣(派兵)してしまうのはソマリアの人達を無視していると言えます。

まあしかし、近年の状況を見ると、乱獲や不法投棄はグローバリズムの問題でしょう。地産地消が破壊され、私たちが食べてきたマグロやエビなどはソマリアで乱獲されたものかもしれないのです。そしてアメリカが「対イスラム」の発想でソマリアの軍閥を支援したのも、ソマリアで「海賊」が力を付けた原因とも言えるようです。
f0127020_9144130.jpg

さて、13日に「憲法カフェ」と「Our Planet TV」とのコラボレーションのイベントで、話をします。

テーマは『麻生邸ツアー映像の裏側ー表現の自由ってどんなんかーなー??』。
昨年10月29日、「麻生さんのウチを見に行こう」と言って渋谷の街を歩いていて3人が逮捕された事件について、クラブ制度に依存したマスメディアの報道と、それに対抗する形でインターネットなどを駆使して警察のウソを暴いた実例を説明します。

次の日には、いわゆる「海賊対策」で呉から護衛艦が出航します。麻生首相も呉に行くらしいです。そういうタイミングですので、「海賊」についてもちょっと話します。

詳細については以下をご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/kenpou-cafe/
[PR]

# by kichidoko | 2009-03-11 09:14 | その他