基地はいらない、どこにも


DVD/VHSで発売中の    米軍再編ドキュメンタリー  『基地はいらない、どこにも』  演出:小林アツシのblogです
by kichidoko
最新の記事
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


DVD『黙っていると100年先も基地の街』

今回は『基地はいらない、どこにも』のベースになった作品を紹介します。

神奈川県の平和団体の依頼で制作した『黙っていると100年先も基地の街』です。
2005年の夏から着手、制作途中で米軍再編のいわゆる「中間報告」が発表され環境が激変する中、2006年2月に完成しました。

f0127020_944741.jpg


神奈川県は沖縄に次いで全国で二番目に米軍基地が多い県です。
この『黙っていると100年先も基地の街』(43分)では、在日米軍基地と反対運動の歴史を紹介し、軍事レポーター 石川厳さんへのインタビューなどを収録しています。

『基地はいらない、どこにも』でも紹介したキャンプ座間や相模総合補給廠、厚木基地の問題についてもさらに詳しく解説。また時間の関係で『基地はいらない、どこにも』では紹介できなかった横須賀での原子力空母の危険性、その横須賀で起きた米兵による強盗殺人事件、空母艦載機の墜落事故、池子の米軍住宅の追加建設問題、思いやり予算で立てられた相模原の米軍住宅、使われていないにもかかわらず返還されない基地、返還された基地の跡地利用などを紹介しています。

『基地はいらない、どこにも』と合わせて『黙っていると100年先も基地の街』も、ぜひ、ご覧ください。(DVD/VHSがあります。)

購入申込み・問合せ先
http://homepage1.nifty.com/anpohaikikanagawa/video.htm

予告編
http://homepage1.nifty.com/anpohaikikanagawa/damatte.wmv
[PR]

by kichidoko | 2007-10-22 09:06 | 作品について

福岡での上映会

金曜日は福岡での上映がありました。上映終了後には約1時間話をさせていただき、その後の質疑応答や交流会でも熱心な意見が交わされ充実した上映会になりました。

「テロ特措法」の関連では、現在発売中の「週刊朝日」に掲載されている、自衛艦が提供している燃料はどこから購入しているのかというう疑惑に関してや、このブログでも紹介した民間人派遣の問題などについては、「知らなかった」という方がほとんどでインパクトがあったようでした。

主催された「沖縄とむすぶ市民行動・福岡」は1995年の沖縄での事件をきっかけに活動を始めたそうですが、お話をうかがって活動を継続する大切さを感じました。

九州は、築城や新田原鹿屋での米軍再編や、大分県 日出生台での米軍の実弾訓練など、さまざまな問題があります。今後も注視していきたいと思います。
[PR]

by kichidoko | 2007-10-14 17:10 | 上映会情報

10月12日(金)福岡で上映!

福岡で上映していただけることになりました。
鹿児島県に続いて九州は二度目になります。
私もトークでおうかがいします。ぜひ、よろしくお願いします。

■「ハートフルフェスタ2007」参加行事■
ビデオ上映&講演会
「 基 地 は い ら な い 、 ど こ に も 」

日時:2007年10月12日(金)18:30~21:00

場所:福岡市人権啓発センター「ココロンセンター」研修室
   http://jinken.city.fukuoka.jp/
   博多リバレイン・リバレインオフィス10階
    福岡市営地下鉄/「中洲川端」駅下車 地下より直結
    バス/明治通り「川端町(博多座前)」下車すぐ
    天神から徒歩約10分
   地図 http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html

参加費:500円(高校生以下無料)

主催:沖縄とむすぶ市民行動・福岡

主催者のブログは以下です。
http://kshibata7.cocolog-nifty.com/okinawa/2007/09/post_240a.html
f0127020_15474658.jpg

[PR]

by kichidoko | 2007-10-01 15:49 | 上映会情報