基地はいらない、どこにも


DVD/VHSで発売中の    米軍再編ドキュメンタリー  『基地はいらない、どこにも』  演出:小林アツシのblogです
by kichidoko
最新の記事
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007 平沢平和フェスティバルで上映

本日、韓国 平沢(ピョンテク)市で行われる「平沢平和フェスティバル」で『基地はいらない、どこにも』が上映されます。

平沢(ピョンテク)市は米軍再編でたいへんな騒ぎになったところです。

映画祭関係者の方から、作品の上映によって「平沢で反対運動を熱心にしている市民団体の人々と平沢住民に大きな力になると確信します」というメッセージが来ています。
[PR]

by kichidoko | 2007-08-31 15:23 | 上映会情報

清瀬での上映会、無事終了

昨日の清瀬市での上映会に来てくださった皆さん、どうもありがとうございました。

幅広い年齢層の方が集まり、活発な意見も出て、おかげさまで充実した上映会になりました。
上映後のお茶(&ビール)会でも、この機会に知り合えた方々がいたり、今後の企画が出るなど、有意義な集まりでした。

今後も上映会等を企画してくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご連絡をいただければと思います。
http://www.asahi-net.or.jp/~uh5a-kbys/send/atsushi.htm
[PR]

by kichidoko | 2007-08-27 11:37 | 上映会情報

26日、清瀬で上映とトーク

米軍再編ドキュメンタリー『基地はいらない、どこにも』の上映とトークが今月26日に東京の清瀬で行われます。

f0127020_10265919.jpg


■日時 8月26日(日) 14:00~16:00

■参加費・資料代 500円

■場所 清瀬市男女共同参画センター(アイレック)
   ◇西武池袋線 清瀬駅 北口駅前(アミュー4階)

地図は以下です。

http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=35/46/08.141&el=139/31/27.766&scl=10000&bid=Mlink

西武池袋線「清瀬」駅下車、北口駅前広場に面して、駅より右手に見えるのがアミュービル。1階に銀行とパチンコ店が入っています。ビル向かって右側にエレベーターホールがあります。アイレックは4階です。
[PR]

by kichidoko | 2007-08-18 10:28 | 上映会情報

50年前の砂川闘争と共通するもの

昨日の「neoneo座」での上映にお越しくださった皆さん、どうもありがとうございました。
暑い中、わざわざお越しいただいた事に感謝します。

同時上映された『流血の記録 砂川』は約50年前の映像ですが、もの凄いインパクトで圧倒されました。

東京の米軍立川基地(当時)を拡張しようとする計画に反対する人達が武装した警官隊に弾圧されながらも計画をストップさせるまでを描いた作品で、あらためて人々が集まった時の力の強さを感じました。

「土地に杭は打たれても
 心に杭は打たれない」


土地を奪われまいとする農民や支援する労働組合員、学生達の気迫も凄いですが、丸腰の人達を警棒で殴るなどの暴力で襲う警察の横暴さにも驚きました。

激しさは現在とは違いますが、共通している部分もありました。
それは農民や労組、学生達が「非暴力」「非服従」を貫こうとしていたことです。
これは現在での沖縄 辺野古(へのこ)での基地建設に対する阻止行動と共通していることです。

「非暴力」といっても、指をくわえて強行される基地建設を見ているだけでは基地は作られてしまいます。そこで非暴力を貫きながら体を張ってギリギリの抵抗をするのです。
そうして計画を止めることができたのが、約50年前の砂川闘争であり、2年前に事実上の撤回に追い込んだ「辺野古沖案」です。

砂川闘争の結果、立川基地が拡張されることはありませんでしたが、その後、近くの横田基地が拡張され、立川基地には自衛隊が入ってきて現在に至っています。

辺野古でも「辺野古沖案」に変わって新たな「沿岸案」が強行されようとしています。これを止めることができるのは沖縄・全国・全世界での世論と、現地での非暴力の阻止行動です。

一人でも多くの人に、この問題を伝えられたらと思っています。
[PR]

by kichidoko | 2007-08-16 12:53 | 上映会情報

8月15日、「neoneo坐」で特別上映!

ノンフィクション映像の「たまり場」、ドキュメンタリー中毒者(?)の「隠れ家」として知る人ぞ知る東京 神田小川町の【neoneo坐】で、『基地はいらない、どこにも』が上映されます。

f0127020_1737862.jpg


8月15日に行われる特別上映『基地815』の中で、15時からの回、18時40分からの回の二回上映です。
カップリングで上映されるのは、なんとドキュメンタリーの大家、亀井文夫監督作品『流血の記録 砂川』です。

この日は、基地問題のドキュメンタリー特集で、17時からの参考上映の3作品は鑑賞無料です。

『基地はいらない、どこにも』は買えばいつでも観られますが(笑)、
http://kichidoko.exblog.jp/4696786/
他の作品は機会がなければなかなか観られない、歴史的価値のある貴重な作品です。

地図は以下です。
http://www.neoneoza.com/information/map.html

「neoneo坐」サイトでの告知ページ
http://www.neoneoza.com/program/815_3.html
[PR]

by kichidoko | 2007-08-03 17:38 | 上映会情報