基地はいらない、どこにも


DVD/VHSで発売中の    米軍再編ドキュメンタリー  『基地はいらない、どこにも』  演出:小林アツシのblogです
by kichidoko
最新の記事
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


4月14日(土) 名古屋で上映会!

4月14日(土) 名古屋で上映会が行われる事になりました。
以下、案内文です。


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

∵∴∵爆弾を落とし続けるアメリカ
     平和を装い続ける日本
       でも、只今 再編中∵∴∵

【日時:4月14日(土) 10:30~16:30】
 場所:名古屋YWCA
 参加費: 800円

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
■午前の部(10:30~12:00) 
ビデオ上映
『基地はいらない どこにも』 
『ファルージャ2004年4月』

■午後の部(13:00~16:30)
シンポジウム
テーマ:『爆弾を落とし続けるアメリカ
      平和を装い続ける日本
       でも、只今 再編中
   ~米軍再編・イラク派兵・改憲~』

*板垣雄三さん(アラブ・イスラム研究者)
 イラク・中東情勢から
*田村順玄さん(岩国市会議員)
 空母艦載機の受入れを拒否する岩国から
*中谷雄二さん(弁護士)
 すすむ改憲の流れを止めるために

__________________■■■ビデオ詳細↓■■■
①米軍再編ドキュメント『基地はいらない、どこにも』
 『基地はいらない、どこにも』専用ブログ http://kichidoko.exblog.jp/
 沖縄、岩国、座間、横須賀、各地の自衛隊基地、そしてグアムで……
 米軍再編に対する抵抗は続く

②ドキュメンタリー映像『ファルージャ 2004年4月』
 http://www.doi-toshikuni.net/falluja2004/j/index.html
イラクにおける米軍占領への抵抗のシンボルとなったファルージャ。
2004年4月、米軍は数千の兵力でファルージャに侵攻した。
1ヵ月近い米軍の包囲と攻撃によって住民側の死者はおよそ730人、負傷者2800人に達した。
なぜファルージャが占領への抵抗の拠点となったのか。
米軍はどのように攻撃したのか。だれが米軍と戦ったのか。そして住民はどのような被害を被ったのか。
米軍の包囲解除から10日後、ジャーナリスト・土井敏邦がファルージャ市内に入り、現地を取材した。
このドキュメンタリーは、イラク戦争終結から4ヵ月後の2003年8月と2004年5月、ファルージャで撮影し
た住民の証言を元に、ファルージャ侵攻に至るまでの経緯、攻撃と抵抗の実態、侵攻の被害を追った
記録映像である。

___■■■シンポジウム講演者詳細↓■■■___

■板垣雄三さん■
1931年生。東京大学名誉教授。東京経済大学名誉教授。
日本学術会議会員、日本中東学会会長、中東調査会・中東経済研究所理事などを歴任。

1991年、日本ジャーナリスト会議特別賞受賞。
日本のイスラーム研究の第一人者であり、一貫して学会をリードしてきた。
1月27日に行われたWORLD PEACE NOWのシンポジウムでは「世界戦争がはじまろうとしている」と題し、
アメリカとイスラエルがより緊密化し、イランへの核攻撃が高まっているという極めて危険な状況について講演。
混迷する中東や世界の現状を認識し、今後の動きを予想していく為に、広範な見識と歴史認識を持った
板垣氏のような本物の知識人の声を多くの人に聞きに来てほしい。

■田村順玄さん■
1945年生。岩国市議(リベラル岩国)。岩国工業高校卒業後、
64年岩国市役所に就職。
職場では港湾行政をあゆみ、組合では市職員組合委員長など就任、岩国市職平和研究所を設立し
平和運動を担う。30年2ヶ月の勤務を経て、95年市議に初当選、以後4期。
基地監視団体「リムピース」運営委員を務める。岩国市民は2006年3月、住民投票で空母艦載機部隊等の
受け入れ拒否を圧倒的多数によって意思表示、10月には市議選挙で「空母艦載機移転絶対反対」の先頭
でたたかう田村順玄さんをトップ当選させるなど米軍基地がある現場の市民ならではの活動、声がそこにはあります。
市民の声をバッグに長期に渡って岩国の米軍基地から平和を見つめてきた視点、そして岩国の現場の声を
聞ける貴重な機会です。

■中谷雄二さん■
1955年生。立命館大学法学部卒。名古屋第一法律事務所、
高木・中谷法律事務所を経て現在は名古屋共同法律事務所弁護士。
今まで障害者問題では名古屋市立南養護学校体罰事件他に関わり、
平和問題では湾岸戦争戦費負担違憲訴訟、PKOカンボジア自衛隊派遣違憲確認訴訟、

名古屋三菱朝鮮女子勤労挺身隊訴訟、イラク自衛隊派遣差止訴訟に関与してきた経緯を持つ。

    ++++++++++++++++
教育基本法の改悪が現実となりました。
次に狙われているのは、
イラク特措法延長と憲法「改正」、
そして進む「米軍再編」による「日米軍事同盟の強化」

私たちは、
イラクへ行かなくても、
自衛隊員にならなくても、
日常生活のなかで
戦争に協力させられようとしています。

現在、
日本は「再編中」
私たちは「参戦中」です。

イラク、岩国、愛知の「現場」を通して
私たちが戦争に協力しない、
再び過ちを繰り返さないためには
どうすればいいのか考えてみませんか?

__________________
 共 催
有事法制反対ピースアクション
名古屋YWCA
自衛隊イラク派兵差止訴訟の会



不戦へのネットワーク
http://www.jca.apc.org/~husen/index.htm
有事法制反対ピースアクション
http://www.jca.apc.org/~husen/antiyuzi.htm
 
[PR]

by kichidoko | 2007-03-28 10:46 | 上映会情報

3月24日(土)京都で上映会!

〈以下転送大歓迎〉

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

沖縄、岩国、座間、横須賀、各地の自衛隊基地、そしてグアムで……
米軍再編に対する抵抗は続く

----------------------------------------------------------------------
米軍再編ドキュメンタリー『基地はいらない、どこにも』上映&トーク

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●日時:2007年3月24日(土) ・午後7時~7時46分まで上映 
                     (開場 午後6時45分)
 ・上映後「沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める
  京都行動」に参加されている方からのトークとアピール
  京都行動のHP http://kyoto-action.jugem.jp/ 
 ・会場参加者で意見交流 
  (午後9時頃終了予定)

●会場:ひと・まち交流館 京都 (3階)第4・第5会議室
   (河原町五条下る 東側)
   京阪「五条」駅下車 徒歩8分      
   地下鉄烏丸線「五条」駅下車 徒歩10分      
   会場TEL:075-354-8711
案内:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html    

●参加費:500円

●主催:ピースムービーメント実行委員会
[PR]

by kichidoko | 2007-03-13 15:27 | 上映会情報

岩国での住民投票後の記者会見

米軍再編に関する日米両政府の合意では、厚木基地(神奈川県)の空母艦載機を岩国基地(山口県)に移駐することになっています。
その是非を問う岩国市の住民投票が行われた日から、もうすぐ1年です。

全国の米軍再編に関する問題を捉えたドキュメンタリー『基地はいらない、どこにも』の中から、特別に岩国市の住民投票当日の記者会見シーンを無料でご覧いただきます。
http://www.youtube.com/watch?v=-CN1gfnk1GM

岩国市の住民投票条例では、投票率が50%を越えないと無効とされ開票さえされないという決まりになっていました。そのため、投票率が50%を越えるかどうかが大きなポイントとされていました。

その後、空母艦載機の離着陸訓練施設として、鹿児島県の馬毛島(まげしま)が候補地のひとつになっていることが明らかになっています。
http://atsukoba.seesaa.net/article/34463147.html
http://atsukoba.seesaa.net/article/34648976.html

このシーンは、米軍再編ドキュメンタリー『基地はいらない、どこにも』の46分のうちのほんの一部です。岩国基地の問題等について、このシーン以上に詳しい説明やインタビューを収録しています。

ご購入される場合は、
http://www.ndn-news.co.jp/shop/order.cgiのページから、

作品名
「基地はいらない、どこにも」DVD
または、
「基地はいらない、どこにも」VHS
として、送っていただけるとお届けできます。
宅配便にて商品を発送し、お支払いはヤマトコレクトサービス(代引き)となります。
[PR]

by kichidoko | 2007-03-06 16:01 | 【動画】追加予定!

自衛隊の築城基地で初の米軍機訓練

昨日、自衛隊の築城基地(福岡県)で米軍機の訓練が行われました。
米軍再編に伴う訓練としては、全国で初めての訓練です。
f0127020_12353654.jpg

抗議集会の画像です。提供:宮崎県平和委員会
[PR]

by kichidoko | 2007-03-06 12:36 | その他

Webサイトの「マイタウン沖縄」に掲載

朝日新聞Webサイトの「マイタウン沖縄」にも、米軍再編ドキュメンタリー『基地はいらない、どこにも』の紹介が掲載されていました。
http://mytown.asahi.com/okinawa/news.php?k_id=48000000702270001
[PR]

by kichidoko | 2007-03-05 09:13 | 取材・掲載情報

座間のデモ画像

米軍再編ドキュメンタリー『基地はいらない、どこにも』を紹介した朝日新聞の記事に「デモをする星野勝司座間市長」の画像が掲載されましたが、同日に撮影した映像の中から別の画像を紹介します。
f0127020_5484925.jpg

キャンプ座間の正門前です。デモの人達の右側に子供たちが写っています。面白がってデモに付いてきたのでしょうか?
子供たちの後ろに写っているのがキャンプ座間の看板です。
[PR]

by kichidoko | 2007-03-04 05:49 | その他

朝日新聞は2月27日 朝刊でした。(掲載情報の補足)

米軍再編ドキュメンタリー『基地はいらない、どこにも』の朝日新聞での掲載ですが、26日の夕刊というのは首都圏の一部だけで、他の地域では27日の朝刊に掲載されていたようです。

インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(IHT)と朝日新聞との合同英字新聞「ヘラルド朝日」の27日版にも掲載されました。

他にも、沖縄タイムス(日付未確認)、船員しんぶん('06.10.25)平和新聞(日付未確認)、しんぶん赤旗('07.3.1)、核兵器・核実験モニター(No.274)に掲載されています。
[PR]

by kichidoko | 2007-03-03 10:51 | 取材・掲載情報

「沖縄の負担軽減」を口実に行われる全国の基地強化

朝日新聞に掲載された記事に対するフォローの意味も含めて、沖縄の基地負担について補足したいと思います。

沖縄の基地負担は軽減されるべきです。

ただし、今の日米両政府のやり方は被害を他の地域にも拡げるだけで、沖縄にとっても負担軽減とは言い難いものです。

■世論調査でも多くの人が「負担軽減にならない」と回答

沖縄県民に対する世論調査では、米軍再編によって沖縄の基地負担は「あまり減らない」が47%「まったく減らない」が19%で計66%が否定的です。
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200605161300_01.html

読売新聞が昨年6月に行った全国世論調査でも、沖縄の基地負担が軽減されると思う人が36%なのに対し「そうは思わない」と答えた人が52%もいます。
http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe6100/news/20060622i415.htm

■たらい回しは解決にならない

具体的には、沖縄の普天間基地を無条件で即時返還すれば負担軽減になりますが、新しい基地を辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸に作ろうとしており、基地機能の強化につながります。

嘉手納基地での米軍機の訓練の一部を全国各地の自衛隊に移転するとされていますが、嘉手納基地が無くなるかというと無くなりません。嘉手納基地自体の機能も強化されています。全国各地で行われる訓練には自衛隊も参加します。
f0127020_13132856.jpg

沖縄以外では、厚木基地(神奈川県)の空母艦載機が岩国基地(山口県)に移駐します。これも日本政府は「神奈川県の負担軽減」と説明していますが、厚木基地は閉鎖しません。整備などでは厚木基地を使い続けるとのことです。つまり米軍は厚木基地と岩国基地の両方を使えるようになるのです。

海兵隊のグアムへの一部移転でも、沖縄の海兵隊員が本当に何人減るのかは未知数です。それに対して日本は巨額の費用負担をすることになっています。移転する予定の部隊も司令部が中心で、沖縄で犯罪を犯している実戦部隊の兵士は残ります。

現在、日本政府は米軍再編によって沖縄の負担が軽減するかのように言っています。「沖縄の負担軽減」は政府によって各地に基地負担を押しつけるための口実として使われていると言えます。

■『基地はいらない、どこにも』にも収録した各地の声

空母艦載機が岩国基地に移転するとされている厚木基地周辺に住む人は、「岩国に持っていったら岩国の人に迷惑がかかるから複雑」「右の生ゴミを左に持っていくようなもの」と語っています。

今回の米軍再編によって全国各地で反対の声が拡がる中、鹿屋基地(鹿児島県)の集会で女子高生がインタビューに答え「米軍は鹿屋にいらないと言うことも大切だけど、米軍基地を沖縄に押しつけ続けるのではなくて別の方法はないのか、鹿屋の人達に考えてほしい」と発言しています。

おそらく彼女は、自分たちの街に米軍が来ると知って、その時に沖縄の人達の基地負担の痛みに気が付いたのだと思います。
沖縄の人達に基地の負担を押しつけてきたのは、日本政府であると同時に私も含めたヤマト(本土)に住んでいる人々です。

では沖縄の基地をヤマトに持っていけばいいのか? 沖縄の人達も「自分たちが嫌なものをヤマトの人達に押しつけるのは嫌だ」と言ってきました。2004年の8月に沖縄の住宅地に米軍のヘリが墜落しました。その時に沖縄で「もう我慢できない。ヤマトに持っていけ!」と言った人がいます。その時は、これまで「嫌なものを他人に押しつけるのは嫌だ」と言っていた沖縄の人がとうとう我慢ができなくなったのです。

沖縄の基地負担は軽減されるべきです。ではどうすればいいのか。『基地はいらない、どこにも』という作品では、その答を導き出そうとしました。ぜひ、ご覧いただければと思います。
[PR]

by kichidoko | 2007-03-02 10:45 | 作品について

グアムへの移転費用は日本に帰ってこない?

米軍再編についての特別措置法が国会で審議されています。
この中には沖縄の海兵隊の一部をグアムに移転するための費用負担も盛り込まれています。

その件に関して以下で書きました。

「グアムへの移転費用は日本に帰ってこない?」
http://atsukoba.seesaa.net/article/34895090.html

[PR]

by kichidoko | 2007-03-01 12:20 | その他