基地はいらない、どこにも


DVD/VHSで発売中の    米軍再編ドキュメンタリー  『基地はいらない、どこにも』  演出:小林アツシのblogです
by kichidoko
最新の記事
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:上映会情報( 51 )


最新作『奇跡の詩』他の上映&トークです!

このブログでも紹介させていただいた最新作DVD『奇跡の詩 寿[kotobuki]@寿町フリーコンサート』+特別上映の動画を含めた上映会が行われます!

以下がDVDのジャケットです。
『奇跡の詩』ジャケット、全面

当日は、DVD『奇跡の詩 寿[kotobuki]の短縮版を上映するほか「秘蔵映像」も上映。ミュージシャン「寿[kotobuki]」の二人に加えて私もトークゲストとして出演します。

-------------------
○日時
4月25日(金)19:00~22:00
○場所
中野北口・沖縄料理 あしびなー
東京都中野区中野5-53-9 TEL.03-3389-7810
(営業時間17:30~24:00)
(昭和新道商店街の早稲田通り寄り/駅から徒歩5分)
http://www.hotpepper.jp/strJ000001225/
○料金
参加費1000円+飲食代

○内容
・DVD「奇跡の詩」【短縮版】の上映
・2014.2.2 旧正月コンサート【ほか】の映像を特別上映!(撮影・編集:小林アツシ)
○トークゲスト
寿[kotobuki](ナビィ+ナーグシクヨシミツ)
監督・小林アツシ

○ご予約・お問い合わせ
fullswingrecord@yahoo.co.jp
090-6107-7662(担当:小林直樹)

◎テレビ画面によるミニ上映の集いです。
お話しを交えながら映像をたのしんでいただきたいと思います。
ご予約お待ちしています!
-------------------

なお、DVD『奇跡の詩 寿[kotobuki]@寿町フリーコンサート』がご購入できるサイトは、こちらです。

http://kotobuki-nn.com/sale.php
 
[PR]

by kichidoko | 2014-04-17 18:19 | 上映会情報

大学での『基地はいらない、どこにも』上映とディスカッション

正月明けの1月6日、東京の三鷹市にある国際基督教大学の授業で『基地はいらない、どこにも』を上映していただきました。


http://www.ndn-news.co.jp/shop/pickup/kichidoko.html

実は『基地はいらない、どこにも』ができあがったばかりの頃に上映会を最初に企画してくださったのは、この大学の学生さんです。
しばらくぶりにうかがいましたが、緑が豊かでいい環境でした。留学生の方も多く、今の大学は国際化が進んでいるんだなあと感じました。

上映後に話をさせていただきましたが、せっかく学生さんが集まっているので「講演」にするよりも、みなさんで一緒にディスカッションしてもらおうと思い、丸くなってもらって、私が学生さんに質問したり、それに対してほかの人に意見を言ってもらったりしました。

最初は皆さん遠慮がちな感じがしましたが、話を聞いてみると、一人一人が基地の問題や戦争と平和の問題について、真剣に考えてくれているのがわかりました。

終了後、私に話しかけてくれた学生さんは「私は今まで沖縄の米軍基地がグアムに移転するのならばいいと思っていましたけど、それは違うということがわかりました」と伝えてくれました。

chamorro.jpg


皆さんが書いてくださったレポートのなかから、いくつかの言葉を紹介させていただきます。

-----

「さまざまな事をかんがえさせられた」

「私も神奈川出身だけど神奈川の米軍基地の被害を受けている人たちの"痛み"を共有できていなかった」

「根本的な解決策は存在しないのでは?」

「この問題を非暴力的に解決する方法は必ずあるように感じた」

「私には基地で職を得ている友人・知人がたくさんいるので、どのような方法・ステップで基地を減らしていくのかも大きな問題だと思いました」

「候補地の選び方や助成金、かかえる問題点、対立する人々……、本当に原発の問題とよく似ているなと思いました。」

「賛成側の人が必ずしも心から賛成しているわけではなく、あきらめからそちらに回っている場合もあるという話が、印象に残りました」

「米軍基地が『本土』と『沖縄』、『沖縄』と『へのこ』という差別問題であることや、環境問題であることを理解した」

「もっともリアリティを感じたのは『争うことに沖縄の人々は疲れている』というお話だった」

「日本の基地から飛んでいった軍隊が人を殺していることも、はじめてはっきりと意識しました」

「日頃、基地と身近に暮らしてきたものの、その基地は戦争の拠点となるものであることを考えずに暮らしていたことに気づかせていただきました」

「基地を置くということは、人を殺す手助けをしているという認識をしていませんでした。私たちが思考停止の状態になることが、いちばん良くないことだと思います。」

「暴力に頼らなければいけない世界の仕組みを変えようと努力する必要があります」

-----

一人ひとりが、自分で考え、他の人と話してまた考えることの大切さもあらためて感じました。

参加してくれた学生さんたちに感謝します。
 
[PR]

by kichidoko | 2014-02-22 17:40 | 上映会情報

【無料!】9月7日(土)明治大学駿河台校舎で上映。トークあり

東京では、久しぶりの『基地はいらない、どこにも』の上映会です。
「今はこの作品をやりたい!」と希望して実現しました。

以下、案内文です。

-----

○●○●○●○●○ ドキュメンタリー映画上映会 ●○●○●○●○●○

映画『基地はいらない、どこにも』by 小林アツシ

軍事基地は沖縄だけの問題なの?
いま、あらためて基地を考える

日時:9月7日(土)17:30~19:30
会場:明治大学駿河台校舎研究棟4階第1会議室
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
※上映後、監督トークあり・入場無料

主催:一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター
   明治大学労働教育メディア研究センター
   Labor Now

参加申込み:資料準備の都合上、9月6日までに事務局・高須宛にご一報下さい。
 電子メール h_takasu(a)jca.apc.org (a)を半角の@に置き換えて送信下さい。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

軍事基地問題の本質とは?

2013.8.11
小林アツシ


2012年に続いて今年もオスプレイが普天間基地に配備されつつある。そしてオスプレイは東京の横田基地にも配備されるのでは?、自衛隊も導入するのでは?、という報道もされている。
橋下徹大阪市長らからは、大阪でオスプレイの訓練を受けて入れられないか、などという発言も飛び出していた。

こうした状況を見るたびに『基地はいらない、どこにも』をつくっていた当時のことを思い出す。いまの状況とそっくりなのだ。
『基地はいらない、どこにも』は、全国規模の大騒ぎとなった「米軍再編」の動きを取材し、2006年12月に完成した映像作品である。
私自身は、その後『どうするアンポ』という作品もつくったが、『基地はいらない、どこにも』のほうが、基地問題の本質を描けたのではないかと思っている。

沖縄の過剰な負担を減らすべきだというのは正しい。しかし「米軍再編」のその後の動きを見ていても「沖縄の負担軽減」を名目に本土に移転させたものの本質的な解決にはならなかった。
こんなことを書くと、「お前のそういう発言こそが、沖縄に対する差別を固定化させている」という批判を受ける。
沖縄に対する差別の解消という意味では「本土移転」は理にかなっている面もある。沖縄の人たちにはそれを要求する権利もある。そして過剰負担を押し付けた側は、その主張に耳を傾けるべきである。
しかし、残念ながら「沖縄の負担軽減」を名目に行われた米軍再編も、結果的には沖縄の負担軽減にはならず、基地被害を拡散し、沖縄の負担も減らないという結果になっている。

「軍隊」は自分たちが便利に使える「陣地」を増やしたがるのだ。「出ていけ!」という声があまりに強いと使っていない基地を少しだけ返還したりするが、基地に対する反対の声が弱い場所では、基地強化が進められる。

そして、軍事基地の問題は「迷惑施設」の問題としてだけ考えれば良いわけではない。軍事基地は、そこから軍隊が海外に行って人殺しをするのだ。沖縄だろうがヤマトだろうがグアムだろうが同じだ。「負担軽減」で移転しても、その本質はなにも解決しない。

本質はなのかをとらえるのはむずかしい。基地問題は、基地関係で働く人たちの労働問題ともつながる。そして軍需産業をはじめ、多くの人たちが、基地があるこの構造のなかで生活を営んでいる。この複雑な問題をどう解決していくか。やはり本質はなにかを考えながら行動するしかないだろう。
[PR]

by kichidoko | 2013-08-18 07:36 | 上映会情報

6月1日(土)13時30分~ 名古屋で『基地はいらない、どこにも』上映!

■日時
2013年6月1日(土)
開場:13時15分
開会:13時30分

■場所
日本特殊陶業市民会館
(金山総合駅北口より徒歩5分!)
http://www.bunka758.or.jp/scd01_access.html

■作品
『基地はいらない、どこにも』
※上映後:映像ディレクター 小林アツシの講演あり

■資料代
500円(会員の方は無料です。)

■お問い合わせ先
なんぶ法律九条の会
(弁護士法人名古屋南部法律事務所内)
052-682-3211
[PR]

by kichidoko | 2013-05-31 07:44 | 上映会情報

ぜひ、上映会を企画してください。

『基地はいらない、どこにも』を創った頃は、自民党政権で安倍首相の時代でした。

いま、2012年、今回の選挙では、民主党の人気が落ちてきたことで、反動で自民党の人気が出ているようです。

オスプレイの普天間基地への配備、そして全国で行なわれるオスプレイの訓練……まるで『基地はいらない、どこにも』を創った頃の全国での米軍再編を見ているようです。

この時期に、もう一度、『基地はいらない、どこにも』をご覧いただくのもいいかなと思っています。

http://www.ndn-news.co.jp/shop/pickup/kichidoko.html

上映会のご希望があれば、ご相談に乗ります。交通費以外は、ほぼ無料で大丈夫です。

ぜひ、各地で再び、『基地はいらない、どこにも』を上映していただければと思います。

問い合わせは、以下からお願いいたします。
http://www.asahi-net.or.jp/~uh5a-kbys/send/atsukoba.htm
[PR]

by kichidoko | 2012-12-11 12:46 | 上映会情報

6月14日『基地はいらない、どこにも』川崎で上映!

2006年に作った『基地はいらない、どこにも』を川崎で上映します。
実は、自分で作った映像作品の中では、この作品と『ウタノゲンバ』が一番好きだったりします。

川崎は、むかし沖縄から来た女工さんや、その親戚や知り合いなどが結構来ていて、沖縄出身の人が多いらしいです。
今回の上映会を企画してくれたのは「川崎水曜パトロールの会」の人たちです。川崎周辺で野宿している人たちを訪ねてつながっている集まりです。

『基地はいらない、どこにも』を全編上映するほか、『どうするアンポ』『ウタノゲンバ』他の作品からの一部も上映しながら、私も話をしたいと思います。



■日時
6月14日 13時~
(ゆるい感じでやります。)

■参加費
無料!

■場所
川崎市川崎区貝塚 2-8-7 貝塚ホール「川崎水曜パトロールの会」
044-230-0560
地図はこちら

http://bit.ly/LOFDix

■上映作品
『基地はいらない、どこにも』、他
[PR]

by kichidoko | 2012-06-12 15:30 | 上映会情報

日本の軍需産業で働く人たちのドキュメンタリーを鹿児島で上映!

【転載歓迎】です。

直前のお知らせでたいへん恐縮ですが、明日、26日。日本の軍需産業で働く人た
ちのドキュメンタリーを鹿児島で上映します。
kanaami+logo500.jpg
昨年末、武器輸出三原則が緩和されました。上映後、この件についても考え、軍
需産業で働く人たちを取材したエピソードなどもお話ししたいと思います。

■上映作品『軍需工場は、今』(ディレクター:小林アツシ)

■上映後、トークあり

5月26日(土)18時~
鹿児島市「よかセンター第1会議室」
(鹿児島中央駅前 ダイエー7階)

チラシ(Jpeg)http://9joiryokagoshima.web.fc2.com/9jonewsno25.jpg
チラシ(pdf)http://9joiryokagoshima.web.fc2.com/9jonewsno25.pdf
 
[PR]

by kichidoko | 2012-05-25 10:25 | 上映会情報

10月3日、東京・青山Cay「沖縄~東京 ピースカーニバル2010」の詳細

------転載歓迎----------

●10/3(日)青山 @EATS and MEETS CAY

NO BASE! MORE MUSIC!
『沖縄~東京 ピースカーニバル2010』

沖縄に基地はいらない!
世界中どこにも基地はいらない!
沖縄から 東京から LOVE & PEACEの連鎖を !
沖縄に押し付けられた「基地問題」は、日米政府の問題。
日米安保50年の今年、東京でこそNOの声を!
音楽・トーク・映像の力で、国境を越えた平和を作りだそう!

@東京・青山 EATS and MEETS CAY
時間:OPEN 14:30 START 15:00
料金:¥3,500(当日)/ ¥3000 (予約→peacecarnival(at)gmail.com) ※(at)を@
に置き換えてください。
席種:自由席または立ち見

【出演】
大熊ワタル(ジンタらムータ)
うつみようこ+河村博司(ex;ソウル・フラワー・ユニオン)
GoRo,MAYA & ISH! IGURO
寿[kotobuki]
シーサーズ
たける
知花竜海
MONK BEAT
Likkle Mai(Band Style)
【映像】
小林アツシ「基地はいらない、どこにも」(短縮版)
比嘉真人「やんばるからのメッセージ」
【出展】
ゆんたく高江、他
【トーク】
金平茂紀(TVジャーナリスト)、小林アツシ(『どうするアンポ』ディレクター)、他

お問い合わせ:EATS and MEETS Cay tel. 03-3498-5790 (月~金 12:00~21:00)
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 SPIRAL B1F
チケットのご予約 ; peacecarnival(at)gmail.com) ※(at)を@に置き換えてくだ
さい。
(お名前、ご連絡先、枚数をお知らせください。当日、予約を確認のうえ予約料金に
てご入場いただきます。)

イベントblog ; http://d.hatena.ne.jp/peacecarnival/
主催;ピースカーニバル実行委員会


[PR]

by kichidoko | 2010-09-27 15:46 | 上映会情報

10月3日、東京青山Cay「沖縄~東京 ピースカーニバル2010」で上映!

豪華ミュージシャンが出演するイベントで、『基地はいらない、どこにも』の短縮版を上映予定です。

http://d.hatena.ne.jp/peacecarnival/
[PR]

by kichidoko | 2010-09-04 10:54 | 上映会情報

『どうするアンポ』+『基地はいらない、どこにも』、千葉と神奈川で

『どうするアンポ』の上映が各地で続いています。
http://anpo-jyouei.seesaa.net/category/7821397-1.html

同時に『基地はいらない、どこにも』を上映する企画もあります。両方ともディレクター 小林アツシがうかがってトークをさせていただきます。

菅政権は「沖縄の負担軽減」を名目に、全国各地に米軍の訓練を移転しようとしています。
http://atsukoba.seesaa.net/article/153100050.html
これは、『基地はいらない、どこにも』で描いた自民党政権時代の米軍再編をさらに拡大する計画です。

この機会に、ぜひ、『どうするアンポ』と『基地はいらない、どこにも』を一緒にご覧いただきたいと思います。

---------
『どうするアンポ』+『基地はいらない、どこにも』短縮版

■7月18日(日)、14:00~16:00
参加費は現在検討中ですが、映画祭トータルの料金となる予定です。
千葉県南総文化ホール 大会議室(定員96人)
(千葉県館山市北条740-1)
http://www.nanso-bunka.jp/access/index.html
「安房平和映画祭」
http://awaheiwaeigasai.org/index.html
18日、映画祭の幕開けプログラムとして、14時から16時まで

---------
『どうするアンポ』+『基地はいらない、どこにも』フルバージョン

■7月24日(土)、13:30~16:30
参加費:500円
横浜・桜木町、日本キリスト教団紅葉坂教会(横浜市西区宮崎町1)Tel.045-231-1290
「2010年度 公開学習会」

f0127020_12535851.jpg

『基地はいらない、どこにも』
http://www.ndn-news.co.jp/shop/pickup/kichidoko.html

f0127020_12574823.jpg

『どうするアンポ』
http://anpo50.seesaa.net/

なお、『どうするアンポ』と同様、『基地はいらない、どこにも』も、DVDをご購入いただいた方は、営利を目的としていたり、100人以上の大規模な上映でなければ、どんどん上映していただいてけっこうです。

よろしければ、日時や会場などを教えていただければ、ブログ等に掲載させていただきます。

よろしくお願いいたします。
[PR]

by kichidoko | 2010-06-13 11:34 | 上映会情報