基地はいらない、どこにも


DVD/VHSで発売中の    米軍再編ドキュメンタリー  『基地はいらない、どこにも』  演出:小林アツシのblogです
by kichidoko
最新の記事
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

DVD『基地はいらない、どこにも』が発売して10年!

DVD『基地はいらない、どこにも』ができたのは10年前。
2007年の1月18日に、東京の中野ZEROで完成試写会を行いました。

この作品をつくり始めたのが、いつ頃なのかははっきりしていません。それまでに私が別の映像作品やテレビ番組のために取材した映像を集大成し、この作品のために長期間の追加取材をして完成させたからです。

さらに以前の、過去のアーカイブスからの映像も使用していますが、私自身が取材した映像でもっとも古いのは、2004年に初めて沖縄の辺野古で取材した映像です。ですので、そこから数えると『基地はいらない、どこにも』が完成するまでに2年以上かかった事になります。

その間の仕事としては、神奈川県の基地に反対する運動を中心にした『黙っていると100年先も基地の街』という作品もありました。
その作品をつくった頃、プロデューサーと「神奈川だけじゃなくて日本中の米軍基地の問題として捉えた作品をつくりたい」という話をしていました。

ところが、その作品をつくるためのお金を出してくれるところがなく、どうしようかと思っていたらプロデューサーが自分の退職金の一部を出してくれて、制作会社の日本電波ニュース社が出せるお金と合わせて、自主制作の映像作品としてつくる事ができました。

そうして完成した『基地はいらない、どこにも』は、DVDを買ってくださった方はいたものの、結果的には、赤字になってしまいました。とはいえ、私がつくった社会的な映像作品としては、自分自身でいちばん納得ができる作品をつくることができました。

その後、『どうするアンボ』というDVDをつくった後は、社会的な映像作品はあまりつくらなくなりました。そのひとつの理由は、自分がいちばん伝えたかったことは、『基地はいらない、どこにも』で出し切ったという感覚があるからです。

取材をしている間はこの作品をどうまとめようか悩みましたが、全国各地の基地を取材している間に、すこしずつ「これを伝えるべきだ」という確信が持てるようになりました。

基地問題で翻弄される人たち、米軍基地や軍需産業で働く人たち、日本の基地から出撃した軍隊に殺される人たち……、さまざまな人を見て、取材して、この作品ができました。

DVD『基地はいらない、どこにも』、ぜひ、ご覧いただければと思います。
http://www.ndn-news.co.jp/shop/order.cgi

以下の画像は、完成試写会当時のチラシです。
f0127020_10375346.jpg

[PR]

# by kichidoko | 2017-01-18 10:41 | 作品について

安倍政権による憲法違反の安保法案に国民が怒りの声

安倍政権が、憲法違反の安保関連法案を成立させようとしています。

8月30日には、安保法案の廃案を求める行動が、全国各地で行われました。
動画を撮影してきましたので、紹介します。

http://youtu.be/MxfWG5V7VU0


なんとかして廃案にしたいですね。
そして、もし成立してしまっても、安倍首相を退陣させるための取り組みは、引き続き行われます。



[PR]

# by kichidoko | 2015-09-04 15:48 | その他

辺野古での本格的な座り込みが10年!

DVD『基地はいらない、どこにも』は、日本各地の米軍基地周辺で取材した作品ですが、そのうち約半分は沖縄 辺野古での米軍基地建設計画についての内容です。

その辺野古での本格的な座り込みが始まってから、今日で10年になりました!




以下のプログで動画とともにまとめましたので、ぜひご覧いただければと思います。

http://atsukoba.seesaa.net/article/395059252.html

動画は、2009年に無くなられた小禄信子さんへの、2004年当時のインタビューです。
『基地はいらない、どこにも』にも少し収録していますが、そのインタビューのロングバージョンです。
 
[PR]

# by kichidoko | 2014-04-19 18:03 | その他

最新作『奇跡の詩』他の上映&トークです!

このブログでも紹介させていただいた最新作DVD『奇跡の詩 寿[kotobuki]@寿町フリーコンサート』+特別上映の動画を含めた上映会が行われます!

以下がDVDのジャケットです。
『奇跡の詩』ジャケット、全面

当日は、DVD『奇跡の詩 寿[kotobuki]の短縮版を上映するほか「秘蔵映像」も上映。ミュージシャン「寿[kotobuki]」の二人に加えて私もトークゲストとして出演します。

-------------------
○日時
4月25日(金)19:00~22:00
○場所
中野北口・沖縄料理 あしびなー
東京都中野区中野5-53-9 TEL.03-3389-7810
(営業時間17:30~24:00)
(昭和新道商店街の早稲田通り寄り/駅から徒歩5分)
http://www.hotpepper.jp/strJ000001225/
○料金
参加費1000円+飲食代

○内容
・DVD「奇跡の詩」【短縮版】の上映
・2014.2.2 旧正月コンサート【ほか】の映像を特別上映!(撮影・編集:小林アツシ)
○トークゲスト
寿[kotobuki](ナビィ+ナーグシクヨシミツ)
監督・小林アツシ

○ご予約・お問い合わせ
fullswingrecord@yahoo.co.jp
090-6107-7662(担当:小林直樹)

◎テレビ画面によるミニ上映の集いです。
お話しを交えながら映像をたのしんでいただきたいと思います。
ご予約お待ちしています!
-------------------

なお、DVD『奇跡の詩 寿[kotobuki]@寿町フリーコンサート』がご購入できるサイトは、こちらです。

http://kotobuki-nn.com/sale.php
 
[PR]

# by kichidoko | 2014-04-17 18:19 | 上映会情報

「武器輸出三原則」とは?

安倍内閣は「武器輸出三原則」に変わる「防衛装備移転三原則」を、4月1日にも閣議決定しようとしています。

そこで、そもそも「武器輸出三原則」というのはどういうものなのかを、できるだけわかりやすく書きました。
↓↓↓
http://atsukoba.seesaa.net/article/393045746.html

以前、制作したDVD『軍需工場は、今』についても書いています。
http://www.ndn-news.co.jp/shop/05.4.5-1.htm

ご活用いただけると幸いです。
 
[PR]

# by kichidoko | 2014-03-30 09:41 | その他

大学での『基地はいらない、どこにも』上映とディスカッション

正月明けの1月6日、東京の三鷹市にある国際基督教大学の授業で『基地はいらない、どこにも』を上映していただきました。


http://www.ndn-news.co.jp/shop/pickup/kichidoko.html

実は『基地はいらない、どこにも』ができあがったばかりの頃に上映会を最初に企画してくださったのは、この大学の学生さんです。
しばらくぶりにうかがいましたが、緑が豊かでいい環境でした。留学生の方も多く、今の大学は国際化が進んでいるんだなあと感じました。

上映後に話をさせていただきましたが、せっかく学生さんが集まっているので「講演」にするよりも、みなさんで一緒にディスカッションしてもらおうと思い、丸くなってもらって、私が学生さんに質問したり、それに対してほかの人に意見を言ってもらったりしました。

最初は皆さん遠慮がちな感じがしましたが、話を聞いてみると、一人一人が基地の問題や戦争と平和の問題について、真剣に考えてくれているのがわかりました。

終了後、私に話しかけてくれた学生さんは「私は今まで沖縄の米軍基地がグアムに移転するのならばいいと思っていましたけど、それは違うということがわかりました」と伝えてくれました。

chamorro.jpg


皆さんが書いてくださったレポートのなかから、いくつかの言葉を紹介させていただきます。

-----

「さまざまな事をかんがえさせられた」

「私も神奈川出身だけど神奈川の米軍基地の被害を受けている人たちの"痛み"を共有できていなかった」

「根本的な解決策は存在しないのでは?」

「この問題を非暴力的に解決する方法は必ずあるように感じた」

「私には基地で職を得ている友人・知人がたくさんいるので、どのような方法・ステップで基地を減らしていくのかも大きな問題だと思いました」

「候補地の選び方や助成金、かかえる問題点、対立する人々……、本当に原発の問題とよく似ているなと思いました。」

「賛成側の人が必ずしも心から賛成しているわけではなく、あきらめからそちらに回っている場合もあるという話が、印象に残りました」

「米軍基地が『本土』と『沖縄』、『沖縄』と『へのこ』という差別問題であることや、環境問題であることを理解した」

「もっともリアリティを感じたのは『争うことに沖縄の人々は疲れている』というお話だった」

「日本の基地から飛んでいった軍隊が人を殺していることも、はじめてはっきりと意識しました」

「日頃、基地と身近に暮らしてきたものの、その基地は戦争の拠点となるものであることを考えずに暮らしていたことに気づかせていただきました」

「基地を置くということは、人を殺す手助けをしているという認識をしていませんでした。私たちが思考停止の状態になることが、いちばん良くないことだと思います。」

「暴力に頼らなければいけない世界の仕組みを変えようと努力する必要があります」

-----

一人ひとりが、自分で考え、他の人と話してまた考えることの大切さもあらためて感じました。

参加してくれた学生さんたちに感謝します。
 
[PR]

# by kichidoko | 2014-02-22 17:40 | 上映会情報